薬用アクレケアで顔の赤みも解消できる理由です。

 

肌の悩みというとニキビが多く挙げられますが、ニキビと同じくらい実は悩まれているのが顔の赤みです。

 

私も顔の赤みには、思春期の頃から悩んでいました。

 

同級生にもいつも馬鹿にされてしまうし、大人になってからもコントロールカラーなどでごまかしていましたが、とても嫌でした。

 

肌が赤くなってしまう原因は、肌内部の炎症によるものが大きいと言われています。

 

そこで、気になるニキビと顔の赤み
この両方を一緒に解決できるのが、「薬用アクレケア」です。

 

薬用アクレケアには、いま大注目の月下香(げっかこう)や、カムカムエキスなど豊富な成分が配合されています。
そして、漢方でも使用されている「甘草」も配合されています。

 

甘草は、別名を「グリチルリチン酸2K」と呼ばれていますが、今あるニキビを改善するだけではなく、潰してしまったニキビや今後のニキビ予防としても高い効果を発揮します。

 

また、グリチルリチン酸2Kは、お肌に安心して使用できるように、甘草の根や茎から有効成分を抽出しているので、敏感肌の方でも使用できるような優しい成分となっています。

 

私自身も体験していることですが、赤みを抑えるだけで肌は美しく見えますし、素肌にも自然と自信がつきます。
肌の赤みはお化粧で隠すしか方法がないと思っている女性はたくさんいると思いますが、悩んでいる方は是非薬用アクレケアをお試しくださいね。

詳しくは→薬用アクレケアで理想のお肌を!

acracare

 

m