夏はあせも(汗疹)になりやすい季節ですね。

UVケアもしなければいけませんし、開放的な季節といわれますが、肌トラブルのことをを考えると、なかなか開放的な気分になり辛かったりします。

最近の夏は特に暑いので、体力的にもしんどいですよね。
ついつい、だらけてしまいがちです(^^ゞ

あせもは、汗を大量にかいた後にそのままにしておいて、その汗が皮膚の中に溜まってしまうせいでできるのです。

汗が溜まりやすい場所はあせもができやすいですよね。

あせもを予防するには、汗をかいたらすぐに清潔な濡れタオルで、汗を優しく拭くことです。

乾いたタオルでもいいのですが、ゴシゴシと強く拭かないことがポイントです。

汗をかいたままにしておくと、肌に汚れが溜まって、汗の出口を塞いでしまい、汗管がつまってあせもになりやすいんです。

できればシャワーを浴びた方がいいですが、その際は汗を洗い流すだけにして、石鹸などで身体を洗わないほうがいいです。
0-66

汗をかくたびに身体を石鹸などで洗っていると、お肌が本来持っているバリア機能まで洗い流してしまって、乾燥したり、かえって体臭が強くなってしまったりするからです。

運動する時は、吸湿性がある自然素材のコットンの服や、すぐに乾く素材の服にすることもポイントですよ。

最近はスポーツウェアだけでなく、生地の素材も進化していますよね。

エアコンの温度を高めにしたりドライにしたりして湿度を下げることで、汗のかき過ぎを防げます。

節約も大切ですが、最近の夏はとても暑いので、熱中症を防ぐためにも、適度にエアコンを活用しましょう。

温度を下げすぎると冷え性になりやすいので、外と5度以内の温度差になるように高めの設定がベストです。

あせもが軽いうちは、以上のことを注意していれば、早いうちに改善することができます。

しかし、あせもが赤く炎症を起こした場合は、上記の予防を実践しつつ、薬局などで売っているあせもの塗り薬をつけて、痒みを抑えるとといいです。

なお、ステロイド入りの塗布薬の場合、続けて使用するのは長くても1週間以内にした方がいいです。

それでも改善しない場合は、あせもではなく、違う疾患のケースも考えられます。
自己流で何とかしようと思わないで、早めに皮膚科で見てもらってください。

特に子供は、あせもをかきむしって、とびひになるケースもあるので、早めに薬を塗って、かかないようにしてあげてくださいね。

実は私も小学生の頃、夏にとびひになってしまい、暑いさなかに包帯だらけで過ごさなければならなくなったことがあります><

赤ちゃんもたくさん汗をかくので、あせもができやすいですよね。

赤ちゃんは自分で汗を拭いたりシャワーを浴びたりできませんから、お母さんがしっかりケアしてあげることが大切です。

なんとなく赤ちゃん=シッカロールのにおいのイメージがあります(^^

余談ですが、シッカロールって響きを懐かしく思って調べたら、シッカロールは和光堂の登録商標なんですね。

日本古来のものは天花粉と言うようです。

最近ではベビーパウダーが一般的ですね。

話をあせもに戻します。

大人の場合も子供の場合も、部屋が多湿にならないように注意して、あせもをつくらないように予防することが大切です。

案外ケアしづらいのが、背中にできるあせもです。

背中は自分の目で直接見ることができないので、ついケアを怠りがちなんです。

汗をかきすぎると、あせもができなくても、ニキビになりやすかったりするので、汗をかきすぎないように湿度調節をするのは、お肌のためにも大切なのです。

夏に汗をかきやすく、ニキビになりやすい場合は、洗顔石鹸も無添加の安心して使える優良なものを使うことをおすすめします。

口コミなどでも評価が高くて、おすすめの無添加の洗顔石鹸は、ニキビ専用薬用石鹸のノンエーです。

ニキビの炎症を抑える成分や保湿効果や美白効果もあります。
あせもの炎症も抑えやすいのも安心できます。
レビュー→NonA(ノンエー)でニキビのない健やか肌に

泡で優しく洗うようにすることです。

ゴシゴシ洗うと炎症が悪化するので注意です。
ニキビも改善しやすく、あせも予防やニキビ予防にも良いのです。
公式サイト→薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」