アトピー改善のために止めたいことについてです。

 

痒みなど辛い症状のアトピーですが、改善させるために良いと言われている方法を行う方が多いと思います。

 

もちろん、それも良いことですが、アトピーによくないことは止めることも大切です。

 

痒みを改善させる方法も良いですが、併せて痒みを減らす方法も行うと尚良いでしょう。

 

そこで、生活習慣などを見直し、アトピーによくないことを今まで行っていた場合、それらを止めることから始めてみませんか?

 

夜更かしは止めましょう。

 

仕事など、夜遅くなる人も多いことと思いますが、皮膚が最も再生させるためには、0時までにはぐっすり眠っているのが理想と言われています。

 

もし夜更かしして行っていることを朝にシフトチェンジが可能でしたら、夜はなるべく早寝をして、朝その分、早起きをして行う方が皮膚にとっても体にとっても良いことです。

 

朝陽を浴びて体内時計も正常になりますし、肌のターンオーバーも回復しやすくなります。

 

水道水を飲むのは止めましょう

 

日本の水道水の衛生状態は、世界一と言われていますが、そのためには塩素が使われているのは、ご存じかと思います。

 

この塩素、体にとってよくありません。

 

それらの物質が身体の抗体を反応させる原因になっているのです。

 

飲用水は、脱塩素作用のある浄水器を通した水を使用しましょう。

 

生野菜などを水道水で洗うのも、飲むのと同じことになるので気を付けてください。

 

水道水でシャワーを浴びるのも考えなおすといいです。
塩素除去になるアロマセンスというシャワーヘッドを使うのも効果的です。

 

夜更かしは、体にもお肌にもよくないですし、水道水もアトピーに悪影響なのですね。

 

少しでも除去していき、アトピーを改善させていきましょう。

 

それでもアトピーがなかなか改善しない時は、アトピスマイルを塗るといいです。

 

保湿しながらかゆみも改善に向かいます。
アトピスマイルは報道ステーションで紹介されました
ライスパワーショップ

yu