辛いアトピーの痒みを軽減する方法です。

 

アトピー肌の人は辛い痒みに悩んでいることでしょう。

 

私もアトピー持ちでした。

今は改善しています。

 

姉が子供の頃は、「アトピー性皮膚炎」という名称はなかったと記憶しています。

 

いつも同じ場所が湿疹となり痒くなることを繰り返し、軟膏を塗っていました。

 

しかし、それが正しい治療法だったのかわかりませんが、大人になった今も皮膚科で定期的に内服と軟膏を処方してもらいケアしています。

 

現在は、アトピー性皮膚炎という診断もつきますし、適切な治療もできるようになりました。
私の子供も、生まれて数か月の頃から、アトピーかもしれない症状があったものの、医師からはアトピーではないと言われ、治療は受けず対症療法をしていました。
最近になり、専門医を受診し、本格的な治療を開始したところです。

 

さて、アトピーで問題なのは「痒み」です。
アトピーの湿疹は赤みがあり、乾燥しており、皮膚の神経を刺激し痒くなります。
皮膚の見た目は、たとえきれいでも、炎症を起こしていれば痒いので、掻いてしまい悪化してしまいます。

 

痒みを抑えるためには、皮膚の炎症を取る必要があり、根本的に適切な治療を行うことが大切です。
まずは、アトピーの原因から取り除いていきましょう。

 

原因はいろいろありますが、甘いものや脂肪分が多いものアレルギーの素になりそうなものは減らすことです。

 

化学繊維の刺激がある衣服は避けて、肌に優しい服を着用しましょう。

 

合成界面活性剤や石油系化学物質などが無添加の洗剤やシャンプーや石鹸を使うことです。

 

皮膚に対するケアですが、内服薬とステロイドなどの外用薬、免疫抑制剤で皮膚の炎症を抑えることになります。
これらの薬は、皮膚科などで処方されます。
勝手にステロイドなどの塗り薬を長期に渡って使わないことが大事です。
副作用が出やすくなってしまいます。

 

なるべくステロイドを使わずにアトピーを改善することが大事です。

 

そのためにもスキンケアで皮膚の清潔を保ちましょう。
アトピーでも使える肌に優しい保湿剤で、乾燥でカサカサした皮膚を抑えましょう。

 

軽い場合は、スキンケアなどで抑えられる可能性も高いです。

 

だからといって急にステロイドを中止するとリバウンドが起こります。
勝手に病院の薬を止めずにスキンケアと併用するといいです。

 

アトピーのかゆみやカサカサが改善した体験がある強力な保湿剤は、「みんなの肌潤糖」です。
洗顔後や入浴時に使っていました。
いつものスキンケアにプラスすると、肌が潤ってかゆみも軽減します。
公式サイト→みんなの肌潤糖で強力保湿でアトピーケア

 

その後のボディクリームには、アトピスマイルでアトピー改善するといいです。
保湿して潤い肌になります。

 

赤ちゃんからお年寄りまで使えるお肌に優しいクリームです。
アトピスマイルは報道ステーションで紹介されました
ライスパワーショップ

 

普段の食生活は和食がおすすめです。

食事も見直しながら、今ある痒みを抑えるためのスキンケアを上手に取り入れながら体質改善をしていくといいですね。

 

yu