ベルタ妊娠線クリームとノコア(NOCOR)の比較と賢い選び方についてです。

妊娠線のケアに頭を悩ませている人におすすめなのは、「ベルタ妊娠線クリーム(今はベルタマザークリームにバージョンアップしています」そして「ノコア(NOCOR)」のふたつです。

どちらも口コミの評価は高く、実力のある妊娠線ケアクリームと言えます。

赤ちゃんがお腹の中でスクスク育って大きくなってくれるのを喜ぶ反面、皮膚が赤ちゃんの成長に追い付かず、どんどん深い妊娠線ができていってしまうことに複雑な心境となる妊婦さん。

元気な赤ちゃんはもちろん、自分の肌もキレイなままで、と女性なら思ってしまうものです。

ひと昔前ではそれは贅沢な悩みだったのかもしれませんが、現在は色々と研究が進んで女性の切なる気持ちを理解した優良な商品が開発されるようになりました。

その中でもおすすめなのが、冒頭で紹介した「ベルタ妊娠線クリーム」と「ノコア(NOCOR)」です。

ふたつがおすすめと言われても、ではどちらにしたらいいのか、という話になります。

そこで、両者の違いをまとめますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

●まずはベルタ妊娠線クリームですが、こちらは正確には妊娠線予防のためのクリームと考えて下さい。

妊娠線ができにくくなるように予防をするため、ということが目的のクリームです。

とはいえ、成分を見てみるとできてしまった妊娠線の改善に効果がありそうなものがいくつか配合されています。

中でも、海外での臨床実績があるシラール誘導体は目を引く成分です。

シラール誘導体は、コラーゲン組織を再構築して肌の弾力修復をサポートしてくれるので深いシワの改善に期待できます。

ということは、できてしまった妊娠線にも効きそうですね。

おそらくベルタ妊娠線ケアクリームは化粧品に分類されるので、そういった効果を前面的に打ち出せないのでしょう。

ベルタ妊娠線ケアクリームにはその他にも馬由来のプラセンタやスーパーヒアルロン酸なども配合されているので、美肌にもとてもよいですよ。

●一方ノコア(NOCOR)はどうかというと、こちらは既にできてしまった妊娠線改善のためのクリームです。

妊娠線だけでなく、妊娠線と同じ仕組みでできてしまう肉割れにも使えますし、なんとセルライトケアにもなってしまいます。

美白効果を期待できる成分がたっぷりで保湿効果もあるので、シミや黒ずみ改善にも役立ちます。

妊娠中は女性ホルンモンの関係でメラニン色素が活性化しやすい状態にありますので、この美白効果はかなり役立ちます。

裏技的に顔に保湿クリームとして使うのもOKですよ。
私もおなかだけでなく顔にも使っています。
潤って美白効果があると感じます。

ベルタ妊娠線ケアクリームもノコアのどちらも1本の定価は同じなので、妊娠線ケア以外に求める効果によってどちらを選ぶか決めるとよいでしょう。

★妊娠線予防ケアがメインで、肌のハリや弾力のケアもしたいとか、気になるシワがある場合ならベルタ妊娠線クリームがおすすめです。
*追記:ベルタマザークリームにバージョンアップしてますます評価もアップです。
公式サイト→ベルタマザークリームでシワ改善でハリも復活

★既にできてしまった妊娠線のケアや肉割れ、太ももやお尻のセルライトの改善、そしてメラニン対策の美白も期待するならノコアをチョイスするとよいですよ。
公式サイト→肉割れ・妊娠線・セルライトにノコア(NOCOR)クリーム

ninpu2

r