美白に役立つ栄養成分と摂るときの注意です。

 

美白は女性の憧れであり、また目標としているものではないでしょうか。

 

美白化粧品も色々なものがありますが、食べ物からの栄養素でも美白に働くものが多くあります。


それらについて紹介します。

 

・ビタミンC→ブロッコリー・ピーマン・レモン・キウイ・イチゴなど
・ビタミンE→ごま・いわし・うなぎ・カボチャなど
・β-カロテン→人参・ほうれん草・カボチャ・小松菜など
・ビタミンB2→豚・牛・ぶり・納豆など
・亜鉛→カキ・レバー・うなぎなど
・セレン→わかさぎ・いわし・かれい・玄米など
・L-システイン→小麦胚芽・大豆・ハチミツなど
(L-システインは、アミノ酸の一種です)

 

では、これらの美白に役立つ栄養成分を摂るときの注意です。

 

キュウリのスライスなどを肌に直接張ってパックする方法がありますが、そのような方法からはビタミンCは吸収されませんし、逆効果になることもあります。
やはり食べ物は、口から食べて中から栄養を摂るということですね。

 

β-カロテンは、生で食べるよりも油と組み合わせることで吸収がよくなります。

 

例えば私は人参やほうれん草は、オリーブオイルで炒めることが多いです。

ninjinaxis

 

食べ物には、それぞれ栄養が吸収されやすい食べ方(調理法)があるので、上手に取り入れたいですね。

 

食べ物からキレイな肌になれますように。

 

またサプリメントもいいですが、商品の成分や原料、製法等を理解して品質や安全性の高いものを選ぶようにしてください。

 

◆美白サプリメントとしては、馬プラセンタのエイジングリペアが効果がありました。

シミが薄くなってくすみが消えましたよ。
詳しくは→馬プラセンタのエイジングリペア

 

他では、サプリではなく医薬品ですが、ロスミンローヤルも美白効果が高いです。

 

ビタミンも豊富で漢方成分もバランスよく含まれて小じわやシミ改善に良い!と口コミでも人気ですよ。
詳しくは→国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ロスミンローヤル

 

 

yu