バストアップする食べ物や生活習慣についてです。

 

女性ならば、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

 

「バストアップ」の悩み。

 

バストの成長は、小学生の高学年から始まると言われています。

 

この頃は、卵巣成長が始まり、卵巣から女性ホルモンが分泌され、結果、バストも成長する過程です。

 

女性らしい身体になっていく経過が見た目にもわかり始めます。

 

女性のバストは90%=脂肪となっています。

 

ここで、バストの都市伝説。

 

バストの大きさは、遺伝って聞いたことはありませんか?

 

本当のところは・・事実的根拠がない。

=バストの大きさは、遺伝とは関係ないと言われています。

 

では、バストの大きさは、どのようにして決まるのか?

 

実は、成長時期の生活習慣や食事栄養関係が、大きく関わっていると言われています。

 

この女性特有のバランスが崩れると・・「女性ホルモン」が正常に分泌されなかったりして、バストの成長がストップしてしまうこともあるそうです。

 

そこで「バストアップ」するために気を付けること。

 

1・ブラジャーは、自分に合ったものをチョイスすること。

バストを維持している靭帯をクーパー靭帯と言いますが、自分に合ったブラジャーを身につけないと
この靭帯が弱くなってしまうのです。

 

クーパー靭帯は、バストが下がらないように弾力性のある繊維束です。
靭帯だけでは、バストを抑えるのは大変です。

 

そこで、足りない力をブラジャーで補います。

ブラジャーが合っていないと、靭帯が伸びきってしまいます。

 

この靭帯が伸びてしまうと元には戻らないのです。=垂れたバストになる。

 

結果、自分合ったブラジャーをチョイス。

 

離れ乳や垂れ乳も改善してバストアップしながら綺麗に見える!と人気なのがブラパリです。
ブラパリでボリュームアップ↑なのにムダ肉スッキリ♪

 

なおかつ、夜寝る時は、ナイト用のブラジャーをするといいです。

 

寝ている間にバストアップすると人気なのがこちらです。

バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】

 

2・運動する時は、バストが揺れないように固定する。

 

脂肪が90%のバスト。脂肪は、揺れることで落ちます。

 

バストは、落ちてほしくない脂肪です。

 

なので、運動時は、必ずスポーツブラジャーや晒を巻くなどして揺れを防ぐこと。

 

3・「イソフラボン」を積極的に摂取。

 

「イソフラボン」女性のホルモンバランスを整えてくれる栄養価です。

 

具体的には大豆製品の納豆や豆腐や豆乳、えだまめやチーズにも含まれます。
nattou
「イソフラボン」は、女性ホルモンに似た働きをし、バストアップに効果的だと言われています。

 

またイソフラボンはバストアップだけでなく、女性の身体に必要とされるタンパク質もしっかり含まれています。

 

更年期障害に悩んでいる方や骨粗鬆症の予防にも効果的です。

 

美容や健康にも最適な「イソフラボン」ぜひ、日々の食生活に取り入れてみて下さい。

 

4:サプリメントでバストアップしたい方

 

イソフラボンが大豆の4倍以上で他にも女性ホルモンのバランスを良くする成分を含む高品質なプエラリアを含むベルタプエラリアを飲んでみてください。

 

私も時々飲みますが、バストアップだけでなくお肌も綺麗になるので気に入っています。
プエラリアだけでなく馬プラセンタも含むのです!
最高級ランクのベルタプエラリアサプリ