体内のコラーゲンを増やす方法です。

 

「コラーゲン」と聞くと、お肌がピチピチになる印象はありませんか?

 

美肌にも重要な「コラーゲン」

 

最近は、手軽に摂取できるサプリメントなども頻繁に出ていますよね。

 

美容のためにも「コラーゲン」は、積極的に取りたいもの。

 

しかし、毎日コラーゲンドリンクやサプリメントを飲んでいるのに、肌の弾力が出ない、実感がわかない!なんて方も多いかもしれません。
実は、コラーゲンにはカラクリがあります。

 

それは
「コラーゲン」を摂取すると、肌のコラーゲンが増えそうな気がしますが・・。

 

実際は、肌のコラーゲンは増えません。

 

美容に注目されている「コラーゲン」

コラーゲンは、たんぱく質。

 

タンパク質であるコラーゲンは、胃の中に入った瞬間、アミノ酸になってから吸収され、栄養となります。

 

コラーゲンは、加齢によって減り始めます。

 

コラーゲンを増やすためには「女性ホルモン」が重要になってきます。

 

女性ホルモンは、30代から減り始めていきます。

 

年齢を重ねると、コラーゲンを多く摂取しても吸収が鈍くなります。

 

コラーゲンの吸収を促す材料である「女性ホルモン」が不足していると、肌のコラーゲンが増えない身体環境になっているのです。

 

コラーゲンを増やすためには、女性ホルモンを増やすことが必要になってきます。

 

では、コラーゲンの増加維持のため、女性ホルモンを増やすコツについて

 

1・ホルモンを増やすには「アルギニン」

ホルモンの材料は、アミノ酸なのですが、その中でも「アルギニン」というアミノ酸が、ホルモンの分泌を促す作用が強いと言われています。

 

この「アルギニン」は、体内で合成されるアミノ酸なのですが、老化やストレス、運動不足などで減ってしまいます。

 

減少している「アルギニン」を少しでも補充するためにオススメな食材は・・

くるみ・アーモンド・ピスタチオ・カシューナッツ・大豆・きな粉・高野豆腐・干しエビ・鶏肉など。

積極的に摂取してみて下さい。

 

 

2・充分な睡眠。

 

「睡眠」は、重要です。

 

ホルモンが一番分泌される時間帯は「睡眠時」

寝つき始めて30分から1時間くらいで、ホルモンが分泌されます。

 

1日のうちの80%のホルモンが出るタイムとも言われています。

 

ホルモンが分泌されれば、コラーゲンも増える。

ホルモンが分泌されるのは夜10時〜午前3時の間だと言われています。

=ゴールデンタイム。

 

この時間帯に睡眠を取ると、お肌の調子もよくなると言われています。

 

3:最後にコラーゲン入りの化粧水などが販売されていますが、普通のコラーゲンは、直接肌に塗ってもあまり効果がありません。

 

普通のコラーゲンは分子が大きいので、肌の奥まで届かないのです。

 

もし使う時は、吸収されやすくしたコラーゲン入りのスキンケアアイテムを使うといいです。

 

例えば、肌にハリが出る!と人気なのがローヤルゼリーもっちりジェルです。
コラーゲンが皮膚に吸収されやすいように小さいカプセルに入れてあります。
洗顔後はこれで完了【ローヤルゼリーもっちりジェル】

 

ふだんは、コラーゲンは身体の内側から!が大切です。

 

日々の生活習慣で、コラーゲン増やしましょう。

 

なおかつ優良なコラーゲンサプリを飲むと効果的ですね。
ハリが出て元気になると人気なのが「すっぽん小町」です。
アルギニンも含まれていますよ。
良質な吸収されやすいすっぽんコラーゲンが人気です。
すっぽん小町

f