新しいヒフミドのヒト型セラミドの特徴についてです。

私たちの肌の弾力や潤いを支えてくれる重要成分セラミド。

セラミドは、あなた自身の肌内部に持ち合わせている成分ですが、加齢により量は著しく低下することをご存知でしょうか。

セラミドは、角質層の細胞の間でスポンジのような役割を果たしており、水分と油分を抱え込んで、肌に潤いを与えています。

赤ちゃんの肌がぷるぷるとしてみずみずしいのは、このセラミドが十分に角質層に補給されているからなんです。

ところが、セラミドは歳を重ねるごとに減少していき、角質層のスポンジの役割がきちんと果たせなくなります。

すると、肌の弾力は低下して、たるみやシワを引き起こすようになるのです。

そこで、この現象に着目して開発されたのが小林製薬の「ヒフミド」です。

ヒフミドとは、皮膚のセラミドと同じ構造をした「ヒト型セラミド」を採用しており、合成セラミドや合成擬似セラミドと比べても保水力が3倍以上になります。

非常に浸透力が高く、もともと肌内部に存在したセラミドを補給してくれる感覚なので、肌は弾力を取り戻し生まれ変わったように潤うのです。

また、従来の商品と比較していただくとわかるように、「セラミド2」に加えて、「セラミド1」と「セラミド3」を配合したので、パワーアップした保湿力を実感できるようになりました。

乾燥がひどくなる時期に、朝使用すれば夜まで乾くことのない保湿力を、ぜひ試してみてくださいね。
ヒフミドトライアルセット
hihumido2

m