地黒を諦めずに肌を白くする方法です。

 

地黒を色白にしたい場合、何か方法はあるのでしょうか?

 

まず地黒の原因は何かと言うと、「遺伝」、「肌のくすみ」、「紫外線による日焼け」の3つが上がります。

 

生まれつきメラニンの量が多いという遺伝の場合もありますが、肌のターンオーバーが正常に行われずに肌がくすんで地黒に見える場合や、幼少期から紫外線を浴び続けていて色黒になっている場合もあります。

 

ただ、遺伝の場合であっても、普段紫外線にさらされずに隠れている部分は、腕や顔、デコルテなどと比べると色が白いはずです。

 

お腹やお尻などの肌の色と比べてみるとわかりますよ。

 

ですから、地黒と思っていても、色白を諦めるのはまだ早いのです。

 

そして、以下の5つの方法を実践してみて下さい。

 

まずは、基本の紫外線対策です。

 

春夏だけでなく、オールシーズン365日のケアがとても重要です。

 

そして、顔や腕だけでなく、デコルテや足もしっかりと対策を施しましょう。

 

とくに汗を頻繁にかく暑い季節には、2~3時間おきにマメに塗り直すこともポイントですよ。

 

次に、スキンケアです。

 

ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、リコピン、アルブチン、アスタキサンチン、プラセンタ、フラーレンなどの美白に効果のある成分をスキンケアで継続して使用しましょう。

 

また、顔だけでなくボディ用の美白ジェルなども利用して、全身の美白ケアをしていきます。

 

ゴマージュタイプで古い角質を柔らかくするボディ用スキンケアや、美白専用のボディジェルなどもありますので、活用するといいですよ。

 

ボディ用ジェルで肌が保湿されれば、キメが整って肌のバリア機能も高まるので、美白に加えて紫外線からのダメージ予防にもつながります。

 

イルコルポの美白ジェルのミネラルボディシャインジェルなどは、カラダと顔兼用なので、口コミでも人気でおすすめできます。

 

無添加なので敏感肌でも安心して使えますし、プラセンタ、アルブチンビタミンC誘導体などの美白成分や27種類の有効成分を含み、高い保湿効果を誇る逸品です。

詳しくは→☆イルコルポ ミネラルボディシャインジェル☆

 

3番目は下着サイズの見直しです。

 

カラダに合っていないきつめの下着をつけ続けていると、その刺激がメラニン色素を発生させます。

 

下着のラインに色素沈着がおきているようでしたら、下着サイズを見直して、色素沈着部分は美白効果のあるジェルでケアしましょう。

 

4番目は入浴です

 

肌のターンオーバーが乱れるとくすみとなってしまします。

 

生活習慣が不規則な人など肌のターンオーバーが乱れがちですので、それを正常にするのに手っ取り早い入浴で血行を促進させて新陳代謝をアップさせましょう。

 

その際、シャワーではなく湯船につかることがポイントです。

hansinyoku2

 

そして最後は睡眠です。

 

お肌のゴールデンタイムと言われる22時〜2時の間はできるだけ睡眠にあてましょう。

 

ゴールデンタイムには成長ホルモンが分泌されるので、お肌の生まれ変わりを促してくれます。

 

地黒部分である「肌の古い角質」から綺麗な肌への生まれ変わりによって、肌の色もトーンアップします。

 

以上の5つが色白に近づく方法なのですが、仕事の関係などでどうしても規則正しい生活は難しい、ゴールデンタイムに睡眠がとれない、といった場合は、くすみが消えて美白効果がある洗顔石けんの二十年ほいっぷでお手入れしてみてください。

 

顔だけでなく、入浴時に全身に使えば、手軽に全身の美白ケアができるすぐれものなので、5つの美白ケアと併せて二十年ほいっぷを利用してみるのもおすすめです。

 

詳しくは→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』

 

r