自宅で簡単なムダ毛処理方法というと、思い浮かべるのが、カミソリや毛抜きやワックスだと思いますが、刺激が強すぎて肌荒れしやすいので、注意です。

カミソリを当てる時は、クリームなどをつけた後に毛の向きに剃って、優しく剃ることです。

繰り返し何度も同じ場所を剃ると肌に傷がつきますから、しないでください。


より安心なのは電気シェーバーです。

そして電気シェーバーでおすすめなのは、顔用の電気シェーバーのPanasonic フェリエ ES2112PP-Pです。

脱毛サロンでの前処理にも使われていることが多いんですよ。

しかし、電気シェーバーでもカミソリでも毛抜きでもワックスでも、またムダ毛は生えてきます。

だから定期的なムダ毛処理が必要になります。

ですから、自宅で手軽にムダ毛を処理したい場合に、一番おすすめなのは、家庭用脱毛器ケノンでの脱毛です。

ケノンなら、エステ並の光脱毛になります。

顔でもVIOラインでも手足も脇でも、全身どこでも自宅で気軽に半永久脱毛が可能です。

特に家庭用脱毛器でVIOラインを脱毛できるのは、ケノンだけです。

敏感肌でも安心な日本製の家庭用脱毛器がケノンですから、自分で好きな時間に脱毛できるのがメリットです。

慣れないうちは、脱毛にムラが出てしまうのがデメリットですから、最初は目立たない場所から練習するといいです。

だんだん上手になってきますよ。

家族みんなで使えるのもメリットです。

女性だけでなく男の人のヒゲ脱毛も可能なのも人気なのです。

さらにフォトフェイシャルの美顔機能もついているので、シミ、シワ、そばかすなど気になる場所も、ツルツル美肌に導いてくれます。
詳しくは→ケノンの美顔機能で色素沈着も改善

脱毛エステに行く時間がない場合でも、ケノンなら自宅で気軽に脱毛処理ができて、そのうちお手入れ不要になるのもメリットです。
公式サイト→出た!エステ級フォト美顔★モデル並の透明つるスベ肌
kenonaxis2

なお、どの場合も、ムダ毛処理をする時は、すぐに保湿することを忘れないことです。

保湿を忘れてばかりだと、肌荒れしたり黒ずんできて汚い肌になってしまいます。

脱毛処理でキレイな潤い肌で黒ずまない方がいい時は、保湿効果が高いコントロールジェルmeを塗るといいです。

エステでも採用されている抑毛ジェルがコントロールジェルmeです。

つまり、カミソリでも、毛抜きでも、ワックスでも、電気シェーバーでも、家庭用脱毛器ケノンでも、脱毛サロンでも、脱毛クリニックでも、ムダ毛処理後には、十分に保湿が必須ですが、その時の保湿剤の代わりにコントロールジェルmeを使うと効果的なのです。

コントロールジェルmeは、抑毛効果も高いですし美白効果もありますから、使えば使うほど、保湿しながら美白して黒ずみを防ぎつつ、少しずつ毛を薄く細くしてくれます。

だんだんムダ毛処理をする間隔が空いてきますよ。

そのうち処理不要になるのもコントロールジェルmeのメリットです。

急いでいない時は、コントロールジェルmeを塗り続けるだけでも、次第にツルぴかになりますよ。

お肌に優しい安心な成分なので、子供でも敏感肌の大人でも使えますよ。
体験レビュー→NEWコントロールジェルMEの効果と評判

脱毛サロンで脱毛をしている人も、サロンでの処理のあと、コントロールジェルMeで産毛のお手入れをしている方も多いんです。

私も気に入って毎日、顔も腕も脇もVIOラインも脚にも使っています。
3週間で抑毛効果を実感して50日くらいですべすべになりました。
公式サイト→敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!

DSC_0601