カサカサ乾燥肌に潤いを取り戻す秘策(コツ)です。

 

カサカサしわしわの乾燥肌を、体質と思って諦めていませんか?

 

肌乾燥を放置しておくと、肌のバリア機能を低下させてあらゆる肌トラブルを引き起こす元凶となってしまいます。

 

これは、バリア機能が低下することでちょっとした刺激からもダメージを受けるようになり、アレルギーなども侵入しやすい肌環境となってしまうためです。

 

皮脂の分泌や角質層の水分、天然保湿因子の量などが少なくなることで、皮膚の表面が乾燥してしまった状態が乾燥肌です。

 

これをなんとか改善するのに有効な対策は、ずばり栄養成分をしっかり摂ること。

 

そして毛細血管の血行をよくすることで、皮膚の乾燥を防ぐことができます。

 

正しいスキンケアと、新陳代謝を活発にして血行促進作用のある栄養素をしっかりメニューに加えることが、有効な乾燥肌対策となるのです。

 

特に乾燥肌に良いと言われる栄養素は、ビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などです。

 

それぞれの働きは…

ビタミンA(レバー、ウナギ、青魚、乳製品、卵、緑黄色野菜、ワカメなど)は皮膚や粘膜の潤いを維持して新陳代謝を活発にします。

 

ビタミンB(豚肉、レバー、卵、大豆、納豆など)は肌乾燥による炎症を抑えて新陳代謝を活発にします。

 

ビタミンC(ブロッコリー、パプリカ、キウイなどの野菜や果物)は抗酸化作用があり、肌のコラーゲン生成を促進します。

 

ビタミンE(アボカド、ゴマ、アーモンドなどのナッツ類、大豆など)は血行を促して肌の新陳代謝を活性化し、抗酸化作用もあります。

avocado

 

セラミド(コンニャク、大豆、黒豆、小豆、ワカメ、ひじきなど)は外部刺激から皮膚を守り、角質層の水分を保持します。

 

α-リノレン酸(アマニ油・エゴマ油など)は細胞膜を作る原料、セラミドを作る原料となります。

 

亜鉛(赤身肉、牡蠣、卵黄、タラコなど)は細胞分裂に必要な酵素を働かせる助けとなります。

となっています。

 

どれも健康で美しく瑞々しい肌には欠かせない栄養素なので、食事メニューになるべく取り入れるようにするといいですよ。

 

そして、スキンケアも大切です。

 

とくに乾燥肌対策には肌になじみの良い美容オイルを活用したいところ。

 

美白効果もある保湿効果が高いジオリーブオイルFなどはとくにおすすめですよ。

 

ほうれい線やシワも改善します。

 

私も使っていますが、潤いとハリと透明感がアップしていますよ。
小豆島ヘルシーランド ジ・オリーブオイルFミニ

 

アトピーやひどい乾燥肌でオイルを塗ってもカサカサが改善しない時は、「みんなの肌潤糖」を使うといいでしょう。

 

その後にジオリーブオイルFを使うと本当に潤いますよ。
私もアトピーが酷い時は、併用していました。
潤いがアップしてかゆみが消えましたよ。
みんなの肌潤糖の強力保湿で乾燥肌やアトピー改善

 

肌に潤いが戻るのを実感できて痒みも軽減するので、これからの乾燥シーズンには大活躍します。

 

食事とスキンケアで、今度こそ乾燥肌とサヨナラしましょう。

r