緊張型頭痛の改善方法についてです。

 

緊張型頭痛とは、通称「ヘルメット頭痛」と言われています。

 

その由来は、

ヘルメットをかぶったような、頭の周りを中心に、何かで締めつけられるような鈍い痛みの頭痛で、痛みが、30分から長い方だと、一週間ほど続く頭痛をいいます。

この緊張型頭痛は、頭痛と同時に、肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさなどを伴うこともあります。

対象者は、小さな子どもから高齢者まで、幅広い年齢層でみられます。

 

原因としては

身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なることによって起こると考えられています。

 

身体的ストレスは、些細なことでストレスになります。

例えば、車の運転や運動不足、就寝時の合わない枕、体の冷え、同じ姿勢のまま長時間いるなど。

このような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、コチコチ状態になり、頭痛を誘発します。
=緊張型頭痛。

 

精神的なストレスとは

例えば、ご近所付き合い、騒音、 家庭内でのトラブル、仕事がうまくいかないなど。

これらは、神経や筋肉の緊張を高め、頭痛の誘因となります。=緊張型頭痛。

 

「緊張型頭痛」は、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が「緊張すること」で発症すると言われています。

 

筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり、固くなってしまう。

また、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。

この老廃物が、神経を刺激し、締めつけられるような痛みを起こすのです。

 

緊張型頭痛の対策としては

筋肉のカチカチ状態を和らげること。

 

例えば、

適度に、身体を動かして筋肉をほぐしたり、マッサージや入浴で血行を良くして血液の循環を促すようにする。

 

それでも、痛みが続くようならば、「慢性緊張型頭痛」の可能性があります。

 

慢性的な場合は、上記の対策では、効果がありません。また、鎮痛薬を使用しても効き目が鈍い。

 

だからと言って、鎮痛剤を、毎日のように飲むと、逆に、薬物乱用頭痛を起こすことがあるので、注意が必要です。

慢性緊張型頭痛の原因には、「精神的ストレス」があります。

 

この場合は、鎮痛剤ではなく、抗うつ薬や抗不安薬が用いられることによって、頭痛が改善されます。

 

しかし、薬だけでは、根本的な解決には至りません。

 

精神的なストレスが溜まらないように、自分に合ったリラックス方法を見つけてストレスを発散することが
大切です。

 

ストレス発散方法として日頃から少し汗ばむ程度の適度な運動を行い、長時間、同じ姿勢を続けないように心がけましょう。

 

また、仕事や勉強で長時間、机の前に座りっぱなしの方は、時々、気分転換をはかり、立ちあがって歩いたり、背すじを伸ばすなどして、筋肉をほぐすようにすると緊張型頭痛の予防になります。

 

1日の終わりには、ゆっくりと湯船につかり、首や肩をマッサージするのも効果的です。

 

入浴後は、リラックスするよう、アルマオイルの香りを楽しんだり、のんびりした時間を過ごすことで
ストレスも自然となくなっていきます。

 

日々の生活改善を、少し心掛けるだけでも、緊張型頭痛とも、さよならできます。

 

★それでも、なかなか緊張型頭痛が改善しない時は、ずきしらずの実を飲むと効果的です。

 

自然素材100%でできているので、副作用の心配もなく安心して飲めて、思ったより改善効果が早く出る!と口コミでも人気です。

 

どんなタイプの頭痛にも使える頭痛サプリメントなので、試してみてください。
*全額返金保証つきなので安心して試せます。
『ずきしらずの実』

f