顔が小さい、いわゆる小顔だと、痩せてスタイルがよく見えるんですよね。

顔や手足など、見えている部分にお肉がついていると、どうしても太って見えてしまったりするんです><

ほっそりしていると思っていた人が、実は脱いだらグラマーだったり、ふっくらしていると思っていた人が細かったりして、吃驚することもありますね。

身体の中でも、顔はなかなか痩せにくい部分です。

アゴ痩せでも頬痩せでも、顔痩せする(小顔になる)には、通常のダイエットのほかに、気長に顔のリンパマッサージをしたり、小顔のツボを刺激したりすると効果があります。

また、顔の筋肉を動かしてあげるといいですね。

顔痩せするツボは、頬車(キョウシャ)という、エラの角から1cmくらい下の部分にあります。

そのツボを、息を吐く時に軽く押して刺激するといいです。

顔のたるみの改善に役立つツボです。

あとはアゴの下の、へこんだ部分に上廉泉(カミレンセン)というツボがあるので、そこを軽く刺激するといいです。

このツボは、二重あごの改善や首のたるみの改善に役立ちます。

アゴ痩せには、アゴの筋肉を使う運動も効果があります。

ガムを噛んだり、昆布やスルメなどの歯ごたえがあるものを噛んだり、噛む習慣でアゴをよく使うと引き締まりやすいです。

普段から食事の時に1口30回噛む習慣にすると、アゴの運動になりますし、消化にもよいです。

噛むことによって満腹中枢が刺激されるので、ダイエットにも効果があります。

現代人は、噛む力が弱くなっているといわれます。
食事も昔に比べると柔らかいものが多いですよね。

一般に憧れられる小顔ですが、アゴが小さすぎて、歯並びが悪くなってしまうということもあるんです。

そのため虫歯や歯周病になりやすくなったりという、弊害もあるんですよ。

アゴ周りをスッキリさせるには、時々空(天井)を見上げるのも効果的です。

顔が上に向くのでアゴ周りの肉が落ちやすいですよ。

頬痩せには、鏡を見ながら口角をあげて、笑顔で「あ、い、う、え、お」と大きく口を動かすと、頬の筋肉の運動になりますし顔全体がリフトアップします。

引き締まって小顔に効果的ですし、表情も豊かになりますよ。

ほっぺをプーッと風船みたいに膨らませるのも、頬の運動になります。

膨らませたりしぼませたりすると顔の血流もよくなるので、むくみもとれやすいんです。
1日10回くらいを目安にやってみてください

顔の表情が豊かになると、顔の筋肉(表情筋)が動くので、顔痩せ(小顔)になりやすいです。

また表情が豊かだと、魅力的な印象をもたれますよね。

顔がむくんでいる時や顔全体をすっきり小顔にしたい時は、リンパマッサージが効果的ですよ。

顔をリンパマッサージする時のコツは、お肌に優しくて、肌を保湿してくれる100%無添加の美容オリーブオイルなどをつけて、優しくソフトに1分くらいマッサージすることです。

何もつけずにゴシゴシと強くマッサージすると、刺激が強過ぎてシミになりやすいので注意してください!

私がリンパマッサージの時に愛用しているのは、ジ・オリーブオイルFです。

100%無添加で美容成分も豊富で、UVカットにもなるので、お気に入りなのです。
1滴で、すーっと伸びます。
小豆島ヘルシーランド ジ・オリーブオイルFミニ


kaolimph-480x408