目のクマを改善する方法です。

 

気付いたら、目にクマができている!

 

仕事が忙しくて、終電帰りが続いたり、飲み会で寝不足気味になっていませんか?

 

今や女性の3人に1人が「目のクマ」に悩んでいるとも言われています。

 

目のくまの原因として

1・睡眠不足や疲労・ストレス・体調不良による血行不良。

2・目のまわりやまぶたの皮膚は、デリケートな皮膚であるのでダメージを受けている。

3・皮膚のメラニン色素が沈着した状態が続き、その部分が黒ずみ、「目のクマ」となっている。

 

共通して言えるのは、
「目のクマ」=皮膚のたるみだけではなく、加齢や目の疲れも関わってくる。
クマの種類は、大きく分けて3種類。

黒いクマ・茶色クマ・青緑色のクマ

では、ここで細かく、クマの種類を分析してみましょう。

 

◆「黒いクマ

原因は血流の低下により、目の下が黒っぽくみえる。

 

疲労や不眠症・ストレスの蓄積などで「目の下の脂肪」が、浮き出てくることがあります。

 

その脂肪が、毛細血管を圧迫することによって、血行が悪くなり血液中の酸素が欠乏します。
=「黒いクマ」

 

ヘモグロビンが通常だと赤いのですが暗赤色になってしまい、皮膚の薄い目の下の部分が「黒っぽく」見えるのが「黒いクマ」です。

 

改善策は、目の下の血行を良くすることです。

 

タオルを2枚、ぬらして電子レンジで3分。

 

蒸しタオルになりますので、1枚は両目を覆い、もう1枚は、ネックに巻きます。

 

この行為は、目の周辺の血行を促すので、黒いクマが改善され、健康的な肌色に戻ります。

 

◆「茶色クマ

原因は、メラニン色素の沈着です。

 

紫外線によるダメージが大きいです。

 

改善策は美白美容液やUV化粧品で紫外線から守ることです。

 

すぐには、色素は変わりません。

 

少しずつ色素を薄くするしかないので、時間は掛かりますが紫外線対策と水分補給が効果大です。

 

要注意な行為はマッサージなどで皮膚を強く擦ったり、皮膚を引っ張ったりする行為は止めて下さい。

 

目の下のクマが、出来やすくなって、目の下のたるみや黒ずみの原因になります。

 

◆「青緑色のクマ

原因は、目の疲れや疲労、寝不足などの身体的な疲れからできる「クマ」です。
改善策は目の周りの筋肉の緊張を柔らかくして緩和させ、血行を良くすることが1番です。

 

目の周りを「蒸しタオルで温めて、次は、水でぬらした冷却タオルで冷やす」

という行為を、3回繰り返し、最後に、蒸しタオルを、3分ほど、目の全体に乗せます。

 

この行為は、目の周りの筋肉を和らげ、リラックス効果が期待できるので「青緑色クマ」の改善に繋がります。

 

「目のクマ」にも3種類があり、その種類別に改善策があることを知っておくと、鏡を見た時、素早くクマ対策できますよね。

 

なお、「カシスポリフェノール」は、目の下の血流を改善し、目のくまが薄くなると言われています。

デザートにはカシスがGOODですね。

 

◆どのクマの場合も、洗顔には二十年ほいっぷを使うと改善が早いです。
目の下のクマを目立たなくしてくれます。
顔のくすみをとって美白する無添加石鹸だからです。

 

アトピーで大人ニキビができやすい敏感肌の私も毎日顔だけでなく全身に使っている洗顔石けんです。
レビュー→二十年ほいっぷの口コミと効果!くすみが消える

 

おかげで目元のクマも目立たずに明るい透明感がある顔になっています。
公式サイト→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』
保湿効果も高いのもメリットです。

nijyunenhoipu1

f