夏のアトピーケアのポイントについてです。

アトピー肌の人にとって、夏はある意味とても憂鬱な季節でもあります。

それはアトピーが悪化しやすい季節だからです。

紫外線と体温調節のためにかく汗が敏感な肌に刺激を与えることとなって症状が悪化しやすくなってしまうのです。

紫外線が肌にあたると活性酸素が発生し、それによって過酸化脂質が作られます。

その過酸化脂質が肌のバリアを破壊してしまうので、アトピー症状が悪化したり、ばい菌に感染しやすくなって「とびひ」や「イボ」などを合併しやすくなってしまいます。

そして厄介なことに紫外線の一部は肌の奥深い所まで届くために、悪化するのは一時的にとどまらない場合もあるのです。

ですから、紫外線対策はアトピー肌の人にとってはとても重要になってきます。

肌に刺激を与えないためにも紫外線吸収剤の入っていない無添加の日焼け止めを使うといいです。

その日焼け止めさえも肌刺激になるような場合は、日傘や防止、UVカット加工された薄手の羽織ものやストール、アームカバーなどをうまく利用して紫外線対策をしなければなりません。

次にですが、汗がなぜアトピー肌によくないのかというと、それは汗のなかに塩分や電解質、老廃物などが含まれているために、それが一時的に肌の刺激になってしまうためです。

汗のかきやすい首や腕の内側、脇、胸元、膝の裏など、かぶれたりあせものようなブツブツができやすくなります。

かといって暑い夏に汗をかくなというのは無理なことですし、また汗をかかないと体温調節が出来ずに熱中症になりやすくなって危険です。

汗対策として一番よいのは、汗をこまめに拭きとることです。

できればシャワーなどで洗い流したいところですが、出先などで難しい場合は水で濡らしたハンカチやタオルで拭き取るようにします。

乾いたハンカチやタオルでは水分だけ拭きとられてその他の肌刺激となる塩分などは肌に付着したままになってしまいますので、必ず濡れたものを使いましょう。
taoru

そして衣類は汗の吸収の良いもの、ゴムの少ないもの(締め付けの少ないデザイン)、生地のキメの細かいものをチョイスするのがポイントです。

紫外線対策、汗対策と並んで重要なことがもうひとつあります。

それは保湿です。

冬は空気が乾燥していることがわかるので保湿も念入りにしますが、夏だって紫外線やエアコンなどによってかなり肌の乾燥は進んでいます。

汗ばんでいるため肌が潤っているように感じてしまうかもしれませんが、夏こそしっかりと保湿ケアをしていくことがアトピーを悪化させないためにも、とても大切なのです。

入浴後は毎日欠かさずに保湿をし、角質層を整えてバリア機能アップを心がけましょう。

肌のバリア機能を修復し、十分な保湿効果があるのは「みんなの肌潤糖」です。

洗顔のあとや入浴の時にこれでマッサージすることで、保湿しながら肌のバリア機能の修復をサポートしてくれます。

私も「みんなの肌潤糖」のおかげでアトピーが改善しましたよ。

感謝している強力保湿ケアです。
体験レビュー→みんなの肌潤糖の口コミとアトピーの改善の体験

100%自然素材で無添加なので赤ちゃんから敏感肌の大人まで安心して使えます。

アトピーケアにぴったりなので、ぜひ試してみてください。
みんなの肌潤糖で強力保湿でアトピーケア