夏のニキビが悪化しやすい原因についてです。

 

ニキビができる原因、悪化する理由は根本的に季節によって異なるということはありません。

 

しかし夏は、ニキビが悪化しやすい傾向にあります。

 

それには、いくつか理由があります。

 

まず、夏のニキビが悪化する原因の1つに、夏は皮脂分泌が多くなり、皮脂がたまりやすくなるので、ブドウ球菌などが増殖し、炎症を起こしやすいということが考えられます。

 

夏に皮脂分泌が多くなることは抑えられません。

 

しかし、皮脂が貯まらないように工夫するお手入れは可能です。

 

もう1つ夏のニキビが悪化する原因として考えられることは、夏は角質が剥がれるスピードが倍増されています。

 

ですから、新しく作られる角質は未熟で痩せた角質層になっているからです。

 

これは、夏は汗を多くかくので、その汗が貯まり角質層を剥がれやすくしていること、汗の浸潤や冷房による乾燥の繰り返しで、角質が剥がれやすくなるのを促進しています。

 

そして夏は無意識のうちに、過激な洗顔をしがちになるので、角質が剥がれやすくなることを促進しているなどの理由が考えられます。

 

夏のニキビを悪化させないためにも、この2つのことについて気を付けてケアをすると良いでしょう。

 

夏はニキビが悪化すると、治るまでも時間がかかるので、できるだけ悪化させないようにしましょう。

 

◆角質が剥がれすぎず保湿しながらニキビケアできる薬用ニキビ洗顔石鹸はノンエーです。

 

ノンエー(NonA)は、夏だけでなく冬でも春でも秋でも1年中、ニキビケアに使えるすぐれた洗顔石鹸です。

 

1日2回の洗顔で十分です。

 

思春期ニキビだけでなく大人ニキビも改善でニキビ痕の修復にも役立つ美白成分も配合なので口コミ評価も高いのがノンエー(NonA)です。
公式サイト→薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」
nona-awa320-3

 

 

yu