妊娠・授乳中はスキンケア商品にも気をつけてくださいね。

 

妊娠中や授乳中は、とにかく赤ちゃんへの影響を考えて食べ物や環境などに気を使います。

 

すくすくと健康で元気に育ってほしいと思う親心なのですから、気を使うのも当然ですよね。

 

薬やサプリメントなどはなるべく避けるようにしたり、どうしてもというときはかかりつけのお医者さんに相談してから使用すると思います。

 

ところが、スキンケアなどに使う化粧品についてはどうでしょうか?

 

もちろん気を使っている方もいらっしゃるかとは思いますが、化粧品は意外と盲点でもあったりするんですよ。

 

化粧品は肌につけるものですが、かなり微量であっても皮膚から吸収(経皮吸収)されたものは血流に乗って全身に巡ります。

 

そのことを考えると、やはり化粧品の成分にもちょっと気を使いたいものです。

 

たとえば、いつも使っている化粧品に防腐剤のパラベンは入っていませんか?

 

また、ピーリングを定期的に行っている方もサルチル酸には注意が必要なんですよ。

 

パラベンは女性ホルモンに影響を及ぼすものですし、サルチル酸は低濃度であっても催奇形性があると言われています。

 

サルチル酸は化粧品以外に、肩こりや腰痛を和らげる湿布やぬり薬にもよく使われていますから、こちらも要注意です。

 

結論として、妊娠中や授乳中にはメイン成分が天然素材のもので、合成着色料や香料、防腐剤などが入っていない無添加の化粧品でスキンケアするのが一番のおすすめとなります。

 

ただし、天然素材であってもその素材にアレルギー反応がないかなどはきちんと確かめてから使ってください。

 

さらに、オーガニック系スキンケアなどには妊娠中や授乳中に禁忌とされているハーブやアロマ精油が成分として配合されている場合もありますので、こちらも確認が必要ですよ。

 

例を上げると、ベニバナやペニーロイヤルミント、オレガノ、ローズマリーなどは子宮収縮作用があるのでNGとされています。

 

含んでいたとしても1%未満の配合なら大丈夫なようですが、不安要素をなくしたいという方は控えたほうが精神的にもベターと考えられます。

 

こうなると、何を使えるの?ということになりますので、妊娠中や授乳中でも安心して使えるスキンケアをご紹介します。

 

ライン使いになりますが、オラクル化粧品は無農薬の自社農園でのオーガニック植物を使っていて、品質面でも高評価ですし安心です。

 

オラクル化粧品は肌質を選ばず、アトピー肌やニキビ肌、敏感肌の人でも使える安心なハーブや植物成分ばかりです。

 

もちろんパラベン、サリチル酸は無添加、他の合成界面活性剤も無添加ですよ。

詳しくは→7品目を、たっぷり1週間分!【オラクル トライアルキット】

 

そしてもうひとつはオールインワンのメルラインです。

 

アロマの香りが苦手だったり、ニキビや乾燥肌に悩まされている方、美白に関心の高い方にはメルラインがおすすめです。

 

無香料ですし、こちらもパラベンなど有害成分は無添加で安心です。

 

保湿しながらニキビケアになりますし、顔のたるみも引き締めてリフトアップしてくれると好評です。

詳しくは→MELLINE(メルライン)で妊娠中も安心美肌

 
ninpu2

*妊娠中関連サイト*
妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

r