シャンプー選びの基準とシンプリッチがシリコンシャンプーの有害性についてです。

シャンプーを選ぶ時、あなたは何を基準にして選ぶでしょうか?

家計をあずかる主婦の場合【有名メーカーの安売りしてるもの】という人も多いと思います。

少しこだわりのある人なら、ノンシリコンシャンプーを選ぶかもしれません。


最近は【地肌に優しい】【髪の健康のために】という感じで、ノンシリコンシャンプーのテレビCMなどをよく見かけますよね。
だんだんノンシリコンシャンプーが主流になりつつある感じです。

もっとこだわりのある人ならば、100%無添加の製品でヘアケアをしていることでしょう。

この手のヘアケア商品は、ネットでは簡単に探すことができますが、基本的にテレビCMなどは流していないので、情報源がテレビしかない人は、知らないのかもしれませんね(^^ゞ

今回は【シンプリッチ】というノンシリコンの、オールインワンシャンプーをご紹介しながら、ヘアケアについて考えていきます。

シンプリッチは、雑誌やクチコミなどで人気のシャンプーです。
シンプリッチ


ほんの数年前までは、シャンプーといえば合成界面活性剤が入った、安価なシャンプーが定番でしたね。
とても泡立ちが良く、髪もさらさらになるので、特に疑問もなく使っている人が多かったと思います。

上にも書きましたが、最近ではノンシリコンシャンプーが、主流になってきました。

では、なぜシリコン入りのシャンプーは淘汰されつつあるのでしょう?

従来のシリコンシャンプーには、ラウリル硫酸やスルホン酸など、高級アルコール系の合成界面活性剤が使用されていました。

これらは非常に洗浄力が高く、泡立ちも良いのです。

しかも肝心なのは、安価に大量生産ができるということです。

ドラッグストアなどで売られている、大手メーカーの安いシャンプーは、全てこのタイプと言ってもいいです。

安価に大量生産ができるから、売り値も安いのです。

しかしその洗浄力の高さゆえに、髪の汚れはしっかり落とせても、髪がきしみ、ぱさつきが出てしまうんです。

そこで、それを防ぐために加えられていたのがシリコンなのです。
シリコンには毛髪のパサつきをおさえ、しっとりさせる効果があるんです。

シリコン=悪者というわけではありません。

コンタクトレンズにも使われていますし、キッチンの便利グッズもシリコン製の物が多いですよね。
私たちにとって、シリコンはとても身近で便利な存在でもあるのです。

でもシリコンは、頭皮にとっては【毛穴の詰まり】や、【キューティクルの剥がれ】【頭皮の痒み】【乾燥】などのトラブルを起こすことが多いんです。

また敏感肌や乾燥肌の方がシリコン入りのシャンプーを使用した場合、皮膚の状態を悪化させてしまうこともあるんです><

また、シャンプーをしていると、どうしても身体にも泡が流れていきます。

洗浄力の強いラウリル硫酸とシリコンが流れて身体につくと、痒みや炎症を起こして、それが背中ニキビの原因にもなるのです。

顔のニキビや吹き出物は治ったのに、なぜか背中ニキビが治らない…という人も多いのではないでしょうか?

とりあえず、シャンプーとトリートメントを全て終わらせてから、無添加のボディーソープで身体を洗うようにすれば、
だいぶ改善されると思います。

シリコンは頭皮だけではなく、全身の肌トラブルに発展するケースもあるんです。
これがシリコンの有害性です。

有害になるシリコンを使わないように改善したのが、最近主流になりつつあるノンシリコンシャンプーなのです。

しかし、ノンシリコンシャンプーでは髪がパサついてしまいますから、市販のトリートメント系商品には、ほとんどシリコンが含まれています。

髪と地肌のためにヘアケアを同じメーカーの同じブランドで揃えたとしても、シャンプーは確かにノンシリコンだけれども、
コンディショナーやトリートメントはノンシリコンではない…という場合がけっこうあるのです(^^ゞ

こだわってノンシリコンにしたはずなのに、これではおかしいですし、まったく意味がないですよね。

そういったジレンマのない、本当に髪に優しい商品が、シンプリッチなのです。
全身に使えてリンスもトリートメントも不要のオールインワンシャンプーです。
シンプリッチ


syanpoo