お尻や太ももなどがアトピーや乾燥肌で肌荒れして、カサカサで痒みがある場合の改善方法です。

まず十分に保湿ケアをしつつ、掻いてしまわないように注意しましょう。

その上で、食生活や生活習慣に注意することが大事です。

下着の締め付けが強いと、肌への刺激になって肌荒れしやすく痒みも増してしまいます。

ゆったりした締め付けない下着で、コットンなどの、蒸れにくい自然素材の下着に変えるといいですね。

そしてガサガサで荒れている部分が、いつも刺激を受けている状況なら、刺激を減らすように工夫しましょう。

ガードルなども、はかない方がいいです。

お尻や太ももの場合、椅子に長時間座っていることが原因の場合があります。

同じ場所への刺激が続くと、血行が悪くなって肌荒れしやすいですし、痒くなりやすいです。

刺激を減らすようなクッションを敷いたり、なるべく席を立って動くようにしましょう。

一度座ったら動かないタイプの人は注意が必要ですよ(^^ゞ

痒みがあるからと、お風呂で身体を洗う時に、ゴシゴシと強くこすったりしてはいけません。

痒みも肌荒れも悪化します!

身体を洗う時は、無添加の石鹸を使って、優しくソフトに洗うようにしましょう。

あまり洗い過ぎても、お肌に必要な皮脂まで落としてしまって、乾燥しやすくなるので注意が必要です。

痒みのある部分には、しばらく石鹸は使わない方がいいかもしれません。

ぬるま湯で優しく洗い流すだけで大丈夫です。

痒みをおさえるために痒み止めを塗り続けると、後から痒みが悪化するので注意してください。

痒み止めにはステロイドが含まれていることもあるので注意です。

ステロイド入りの塗り薬を常用していると皮膚が薄くなり、刺激に弱くなってしまうんです。

一時的に痒みがおさまったとしても、また刺激を受ければ、ますます痒くなるので、なるべくステロイド入りの塗り薬(かゆみ止め)は避けた方がいいです。

また、寝ている時に無意識に掻く場合もあるので、手の爪は短く切って、清潔にしておいてください。

パジャマなども肌に優しい吸汗力のある素材で、ゴムなどで締め付けない、ゆとりがあるデザインの物がいいです。

毎日の食生活では、肌の修復に役立つ、ビタミンやミネラルが豊富な野菜をメインにするといいです。

そして良質なタンパク質や脂質、炭水化物なども摂って、バランスの良い食事が基本です。

外食をする時におすすめなのは、定食タイプの和食です。

これは美肌のためだけでなく、ダイエットする時にも、健康に気を配る時にも共通しています。
wasyoku

【○○に良い】と言われる食材でも、そればかり食べるのはよくありません。
どんな場合でも、バランスの良い食事が基本です!

私も長年のアトピーもちで、乾燥肌で太ももが痒くなりやすかったんです。

その時に注意していたことは、甘いお菓子を食べないようにすることでした。
砂糖が多い食べ物は痒くなりやすいんです><

揚げ物やスナック菓子、ハンバーガーやラーメンなど、油脂が多い食べ物も痒みが増しやすいので、なるべく控えていました。

乾燥していて痒くなるのは、人が本来持っている肌のバリア機能が、壊れてしまっている状態と考えられます。

なので、バリア機能を修復してくれる、お肌に優しくて、保湿力が強いスキンケア商品を使って改善するといいです。

私がおすすめしたいのは【みんなの肌潤糖】という保湿アイテムです。
高保湿で、皮膚のバリア機能を修復してくれる、強力な保湿スキンケアなんです。

私も、アトピーと乾燥で、お肌がガサガサになってしまい、痒みがひどかったんですが【みんなの肌潤糖】を使用して、少しずつ痒みが減り、ガサガサも治ってキレイな肌に改善しました。

使用方法がちょっと変わっているのですが、私は入浴時に、みんなの肌潤糖を使ってマッサージしていました。

その後、さっとぬるま湯で洗い流します。

熱いお湯だと、かゆくなりやすいので使わないようにしてください。

しっとりとお肌が潤って、痒みが減っていくのを実感しましたよ!

3ヶ月くらい使っていると、かきむしって黒ずんでいたのも元の肌色に戻ってキレイに改善したのも嬉しかったです。

今でもいつも【みんなの肌潤糖】を手元に置いて、全身の保湿に使っています。
私は、お徳用100gをいつも使っています。

太ももやお尻だけでなく、顔も首も手足もおなかも背中も、全身の乾燥肌のかゆみや保湿に効果があるからです。
レビュー→みんなの肌潤糖の口コミ!アトピー保湿効果体験の知恵

潤ってハリがでてきます。
カサカサの肌やかゆみがある方は、「みんなの肌潤糖」を使ってみてください。
公式サイト→みんなの肌潤糖で強力保湿スキンケア