40代後半からのエストロゲン低下防止にプエラリアは役立つでしょうか?

 

平均年齢で40代後半〜50代にかけて、女性は閉経の時期を迎えます。

 

閉経前から徐々に生理不順になり、それとともに頭痛、肩こり、ホットフラッシュ、倦怠感などの更年期障害の症状も少しずつ現れてきます。

 

このような更年期特有の症状が起こりはじめるのは、ホルモンバランスの乱れが原因です。

 

思春期から成熟期にかけては女性ホルモンの分泌がさかんですが、40代頃から閉経に向けて、ホルモンの分泌が急激に減少していきます。

 

これは卵巣にある卵胞の細胞自体の老化と、卵胞の数が減少していくためです。

 

そして閉経を迎える頃には、卵胞はなくなり、女性ホルモンが分泌されなくなります。

 

これまで卵胞から女性ホルモン(エストロゲン)が分泌していたのに、閉経後は卵胞自体がないのでホルモンを分泌できません。

 

そうなると、脳はエストロゲンを分泌するように指令を出しても分泌されないため、混乱します。

 

これが症状となって現れるのが更年期障害の症状です。

 

では、更年期症状を緩和したり、なるべく急激な女性ホルモンの減少を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

 

それは、女性ホルモンににた働きをするプエラリアを摂取することです。

 

大豆に含まれるイソフラボンは聞いた事のある人も多いでしょう。

 

女性ホルモンにそっくりな構造をしているため、女性ホルモンと同じような働きをする物質です。

 

プエラリアには、このイソフラボンをはじめ、女性ホルモンを活性化させるミロエステロールなども含まれています。

 

プエラリアはバストアップだけしか効果がないと思われがちですが、女性ホルモンに働きかけてバストを豊かにする作用があるということは、すなわち女性ホルモンの低下防止にも役立つと言う事になります。

 

プエラリアサプリは、いろいろありますが、100%純粋で信頼できて効果が高い!と人気のプエラリアを1日量400mgと安全な量の最大限含むのが、ベルタプエラリアです。

 

バストアップして美肌になりますし、女性ホルモン低下に伴う更年期障害も改善!と人気のサプリメントです。
公式サイト→最高級ランクのベルタプエラリアサプリ

beltapuepanhu

 

y