【多毛症】と聞くと、ドキッとしてしまう女性は多いんじゃないでしょうか。

もしかして自分は多毛症なのかも…と1人で悩んでいる人もいるんですよね。

でも、多毛症というのは、毛が増えるわけではないんです。
多毛症は、女性や子供の体毛が男性のように、硬く太くなった状態なんです。


柔らかくて薄い色の産毛の状態から、黒くて太い剛毛に変化している状態です。
毛自体の本数が増えるわけではないのです。

多毛症の原因は、男性ホルモンです。

男性ホルモンが体内で作られ過ぎたり、男性ホルモンへの反応が高くなったりすると多毛症を発症します。

女性の場合、男性ホルモンは卵巣と副腎で作られています。

ですから、女性が急に多毛症になった場合は、卵巣または副腎の病気が疑われます。

多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群という病気が原因で、血中の男性ホルモンが増えて、発症することが多いそうです。
ステロイドの副作用で現れることもあります。

多毛症が発症した初期は、女性の場合ですと、口周辺の産毛が太くなって、男性のヒゲのように硬く黒く太くなります。
胸や腕、脚にも硬くて黒くて太い剛毛が生えてきます。

体毛の異常に気づいたら、卵巣や副腎の病気の可能性もありますので、すぐに病院へ行って詳しい検査をしてもらってください。

多毛症の原因になっている病気の改善や、薬の副作用の場合は代わりの薬に変更してもらう必要があります。

「多毛症かも?」と不安に思っている人のほとんどは、多毛症ではなく、ただ毛深いだけです。

毛深い場合の脱毛方法

小さい頃から毛深い場合は病気ではありません。
安心してください…といっても、毛深い悩みも深刻ですよね><

体毛のムダ毛処理の方法は色々あります。

深刻に悩んでいてコンプレックスになってしまうようなら、脱毛サロンや脱毛クリニックのレーザーを使用した永久脱毛や半永久脱毛をするという方法もあります。

毛深い悩みを持つ女性って本当にものすごく多いんです。

むしろ毛に関する悩みが全くない人なんて、ほとんどいないんじゃないかと思うくらいです。

ツルツルのお肌の人も、実は深刻に悩んでいた過去があって、「永久脱毛しちゃいました」…って人、多いんですよ。

ただ、あまりおおっぴらには言わないだけです(^^ゞ

毛深いから、サロンやクリニックで身体を見せるのは恥ずかしい…という人もいると思いますが、元々毛深い人が行く所なので、恥ずかしがる必要なんてありません(^^

●永久脱毛したい時は、脱毛クリニックがいいです。
脱毛クリニックは、痛いのが欠点です。
しかし無痛で有名なのがアリシアクリニックです。
短期間で無痛でキレイに脱毛できると人気です。
店舗数が少ないので近くにあれば試してみてください。
公式サイト→アリシアクリニック

●脱毛サロンでは、格安なのと全国に店舗も多くキレイに脱毛できる!と人気の脱毛サロンはミュゼです。
勧誘もなく追加料金不要なのも安心して脱毛できます。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム


でも、やっぱり恥ずかしいし、行く時間もないよという場合は、家庭用脱毛器のケノンで自宅で脱毛するといいです。
エステ並みに簡単に脱毛することが可能です。
公式サイト→出た!エステ級フォト美顔★モデル並の透明つるスベ肌

脱毛エステでも脱毛クリニックでも脱毛器ケノンでも、脱毛処理後には保湿した方がいいです。

その保湿する際にコントロールジェルMeを使うと効果的です。

剛毛を薄く細くする抑毛ジェルなのですが、保湿効果も高くて美白効果もあるんです。

脱毛後の肌荒れを保湿効果で防いで残りのムダ毛を薄く細くして、黒ずまないように美白もしてくれます。
レビュー→NEWコントロールジェルMEは肌にやさしい抑毛ジェル

敏感肌やアトピー肌の場合は、脱毛処理をせずに、コントロールジェルmeのみ、1日気長に塗り続けるだけでも、時間はかかりますが、ムダ毛が薄く細くなって産毛みたいになるのでツルピカになります。
公式サイト→敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!


0-72