手や爪って、案外見られているんですよね。

顔をじーっと見るのは抵抗があるけれど、手元を見るのは抵抗がないからなのでしょうね。

爪がキレイに整えられていると清潔感がありますし、好感度もかなり上がります。

これは男女共に…ですね。

私の友人に、どんなに顔が良くても、手の汚い男性は、生理的に無理!という人がいます(^^ゞ

カッコいいな…と思って手元を見たら、爪が汚れていたりすると、スーッと冷めてしまうんだそうです。

…とはいえ、お仕事によっては、なかなか汚れが取れない場合や、爪が荒れてしまったりすることもあると思います。

だからといって放置してしまうのではなく、できる範囲でケアしたいですよね。

例えば洗剤を使うお仕事の場合は、可能であれば、洗剤を合成界面活性剤などを使用していない、無添加でお肌に優しい成分のものに変更してみてください。

手袋を着用するのもいいですね。

しっかりお手入れをしても、今までと同じ有害な洗剤を使用して、直接手で触ったり、作業時に手袋をしていないと、なかなか手や爪のダメージは回復しにくいです。

特に洗剤には、汚れ落ちと泡立ちを良くするために、合成界面活性剤が多く含まれているからです。

無害なものに変えるといいです。

アルバイトなどで自分で洗剤を選べない場合は、手荒れが酷いことを説明して、手袋をして作業できるように、交渉してみてください。

まず環境を改善してから爪や手のお手入れをすれば、爪も手もどんどん元気になりますよ。

具体的な手や爪のお手入れ方法について書きます。

甘皮の処理をし過ぎると爪がうまく育ちにくくなります。
雑菌も入りやすいので注意してください。
爪がしっかり修復されて復活するまでは、甘皮の処理はしない方がいいですね。

ネイルも、爪が復活して健康にキレイになってから塗るようにしましょう。
ちなみに女性に人気のネイルアートは、男性にはおおむね不評です(^^ゞ

爪をカットするのは、入浴後の爪が柔らかくなった時がおすすめです。

爪が硬い状態でカットすると、爪が割れたり傷んだりしやすいです。

女子力の高い友人は、爪切りを使わずに、1本1本やすりで整えていますが、ちょっと真似できません(^^ゞ

そして爪もお肌の一部なので、栄養面にも注意しましょう。

ビタミン、ミネラルが豊富な野菜をメインにたっぷりと摂って、良質のタンパク質や脂質、炭水化物や穀物も摂りましょう。

バランスの良い食事が基本です。

そして爪は皮膚の一部で、角質が変化したものなので、基本的にはお肌のお手入れと同じです。

爪のメイン成分は、ケラチンというタンパク質です。

水分も含んでいるので乾燥には注意してください。

手を洗った時は、手や爪に水分が残らないように、優しくていねいに拭き取るようにしてください。

水分が残っていると、手も爪も乾燥しやすくなって、荒れやすくなります。

手を濡れたままにしないように注意してくださいね。

急いでいる時など、しっかりと手を拭いていない場合が多いですよね。

特に主婦の方などは水仕事も多いので、いちいちていねいに拭いていられないというのもわかりますが、意識してしっかり拭くようにしてくださいね。

手や爪の水分を優しくていねいに拭き取った後、保湿効果の高い、無添加の保湿クリームか美容オイルを塗りましょう。

爪の健康にも美しい手のためにも、ビタミンやミネラルが必要なんです。

私はいつも、100%無添加のジ・オリーブオイルFを、手にも爪にも塗っています。
顔のお手入れの時に、一緒に塗ってお手入れするようにしています。

紫外線防止効果もあるので、1つ手元にあるととても重宝します。

ジ・オリーブオイルFは、お肌や爪をキレイにするために役立つ、ビタミンE、ポリフェノール、オレイン酸、スクアレンなどの美容成分をたっぷり含んでいます。
小豆島ヘルシーランド ジ・オリーブオイルFミニ


手や爪のお手入れも、顔のお手入れと一緒にする習慣にすると、忘れないのでいいと思います(^^

そして夜のリラックスタイムに、爪のマッサージをするのもいいです。

血流を良くするので冷え性改善にもなる、井穴(せいけつ)というツボをマッサージすると良いです。

井穴(せいけつ)は、手の指先の爪の際にありますよ。

脂肪を分解して指を細くキレイにするとも言われている嬉しいツボです。
tenoseiketutubo

1本ずつ、指の井穴(せいけつ)のツボをマッサージしましょう。

マッサージで爪も指も元気になります♪

マッサージにもジ・オリーブオイルFを1滴使用すると、滑らかになって栄養が届きやすいですよ。
小豆島ヘルシーランド ジ・オリーブオイルFミニ