VIO脱毛は施術後のケアが大切です。

VIOのムダ毛処理後のお手入れはきちんとしていますか?

普段は見えない場所ですし、それほど神経質にならなくてもいいように感じてしまうかもしれませんが、実は顔のケアよりしっかりしておく必要があるのです。

VIOはデリケートゾーンと呼ばれているように、皮膚が薄くてとてもデリケートな部分です。


とくに皮膚が薄いとされている「まぶた」の角層はだいたい8層からなりますが、デリケートゾーンはなんとさらに薄くて6層しかありません。

ですから、外部からの刺激はもちろん、細菌やウィルスにもとても弱い部分の皮膚なのです。

そんな超敏感肌の部分なので、大きな刺激が加わる脱毛後のお手入れは、それなりにしっかりしないとトラブルの原因になってしまうということです。

脱毛サロンやクリニックで脱毛施術した場合は、しっかり冷却してケアしてくれます。

ただ、サロンなどでクールダウンしてもらってもまだヒリヒリするようなら、家に帰ってからもヒリヒリ感が落ち着くまで冷却しましょう。

そして、しっかり冷却して皮膚を落ち着かせた後は、保湿ケアをしていきます。

問題はセルフ脱毛の場合です。

たとえば家庭用脱毛器ケノンなどを使用した場合は、サロンなどと同じように脱毛部分を冷却してクールダウンすることを忘れないでください。

ちなみに、家庭用脱毛器の中でケノンだけは、VラインだけでなくIOラインも脱毛可能です。
自分が好きな時間に脱毛できるのがメリットです。
ケノンは美顔機能もあるのも、人気ですよ。
家庭用脱毛器ケノンで色素沈着も改善

ただVIOはセルフで脱毛する場合かなり難しい部分なので、できれば脱毛サロンなどにお任せする方が安心かもしれません。

VIO脱毛を考えているなら、ミュゼプラチナムがおすすめです。
VIO脱毛に向く脱毛サロン

VIOライン脱毛において価格面でも技術面でも環境面でも最も安心できるのがミュゼです。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム


ところで、VIOの保湿ケアというのはあまり考えたことがないかもしれませんが、皮膚にとっては強い刺激を受けてダメージを負っているので、肌のバリア機能が低下しないように保湿によって守ってあげることがとても大切になってきます。

脱毛施術した日だけでなく、保湿ケアは毎日続けることが大切ですよ。

この保湿ケアに使えるのが、抑毛ジェルのコントロールジェルmeです。

コントロールジェルmeは抑毛ジェルとして名高いですが、保湿力の高さや美白効果においても定評があります。

保湿しながら抑毛して脱毛の後押しをしてくれますし、何より黒ずみが気になる部分の悩み解消にもつながるのでとても便利なのです。
コントロールジェルmeは、子供でも敏感肌の大人でも安心の素材です。
コントロールジェルmeの効果や評判

私もアトピーで敏感肌なので、いつもコントロールジェルmeをVIOラインにも使っています。
顔の鼻の下や脇、腕などにも塗ってツルピカ効果を実感中ですよ。
一番お気に入りです。
公式サイト→敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!



そして、脱毛数日後には、照射した部分の毛がするっと自然に抜けていきますが、万が一抜けない毛があっても無理矢理抜かずに次の照射までの間はシェーバーで剃って対処しましょう。

抜けずに残っている毛があると抜きたくなってしまいますが、何度か照射していくうちに必ず自然に抜ける時がきますので、とにかく無理矢理抜くことだけはしないようにすることが脱毛をスムーズにキレイに行うポイントです。