VL WHITE(ヴィエルホワイト)とイビサクリームの違いを比べてみた!選び方のコツは?

デリケートゾーンって、どうしても黒ずんでしまいがちですよね。

皮膚がデリケートですし、摩擦に弱いので仕方ないです。

でも、諦めたくないですよね。

水着を着る機会だってありますし、私は特に温泉好きなので、よく日帰り入浴に行くのですが、そういう時に気になってしまいます。

この悩み、意外と周りに同じ悩みを抱えている女の人は多いのですが、やはりデリケートゾーンの悩みなので、あまり相談もできずに悩んでいるところだと思います。

しかし良いアイテムがあります。

「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」と「イビサクリーム」です。

どちらも評価が高く人気のあるアイテムです。

しかし両方を同時に使うことはできないので、どちらかを選ぶことになるわけですが、どちらが良いかわかりませんよね。

そこで、それぞれの特徴や違いなどを調べてみることにしました。

まず、VL WHITE(ヴィエルホワイト)です。

このアイテムには、トラネキサム酸や集中美白成分が2種類、保湿成分が3種類、保護バリア成分が3種類、エイジングケア成分が3種類、透明感をもたらす天然成分が2種類入っています。

天然成分を超低分子化して、肌の奥まで美白成分を浸透させて黒ずみケアをしてくれるエッセンスです。

毛穴や、かさつくお肌にも使えて、保湿にも自信があるアイテムになっています。
ヴィエルホワイトの販売店と通販で安くお得に買う方法

続いて、イビサクリームです。

こちらのアイテムは、美白成分トラネキサム酸やお肌を整えるグリチルリチン酸2K、メラニンの生成を止める天然由来の成分が4種類、選び抜かれた8つの種類の保湿成分が入っています。

お肌を整えて、理想的な肌サイクルになるようサポートしてくれる美白クリームとなっています。

また合成香料や着色料、鉱物油やパラベン、アルコールといった肌に不要で負担のかかるものは入っていない無添加なので肌に優しく敏感肌の方も使用できます。

安心ですね。
イビサクリームでVIOライン(デリケートゾーン)の黒ずみが消える効果!とその理由

VL WHITE(ヴィエルホワイト)に関しても、着色料と紫外線吸収材、動物性原料やシリコン、パラベンは無添加となっています。

刺激が少ないですが、法定色素(合成色素)と香料が少しですが使われています。

共通していることは、どちらにも美白成分のトラネキサム酸と、お肌の調子を整えるグリチルリチン酸2Kが入っていることですが、その他の成分について違いがあります。

色素や香料が苦手という方は、イビサクリームが良いと思います。

エイジングケアができる成分が入っている方が良いという方、保湿する力がより高いと評判の方が良いという方は、VL WHITE(ヴィエルホワイト)を使われてみると良いと思います。

自分に合うアイテムで、悩み解消に向けてお手入れをしてください。

どちらもアイテムも、公式サイトからの購入で、割引が適用されて、安くお得に購入が可能となります。

それぞれに入っている成分が違ったり、迷う点はあると思いますが、お得にこの機会に気になる方から使ってみるという選び方もあると思います。

また、どちらも公式サイトからの購入で、返金保証もついているので、安心して万が一の時も安心なので、気軽にお試しができますよ。

これらのアイテムは、今回デリケートゾーンの黒ずみに対しての悩み解消アイテムとして紹介しましたが、実際は肘や膝、踵や乳首といった部位の黒ずみに対しても働きかけてくれます。

1つ持っていると便利ですね。

どちらのアイテムも満足度も高く、どちらを選んでも良いと思うので、使い心地等の好みも考慮して選ぶという方法も良いかもしれませんね。

最後に、どちらを選んだ場合でも、短期間ではなく毎日コツコツとお手入れを続けることが大切です。

お手入れは簡単なので、忘れずに地道にお手入れを続けてくださいね。

us