わきがと食生活の関係についてです。

 

日本人は、欧米人に比べ、わきが人口に大きな違いがあります。

 

それは、日本人の食生活に関係があります。

 

農耕民族であった日本人は、米・野菜・魚介類中心の食生活でした。

 

それに対し、欧米人は肉類中心の食生活であり、動物性脂肪を多く摂る食生活でした。

 

この食生活の違いが、わきが人口の違いに影響しています。

 

動物性脂肪を多く摂り続けていると、皮脂腺の活動が活発になり、わきがの匂いの原因となる汗を出す、アポクリン汗腺を発達させることにつながります。

 

わきがの匂い対策として、自分でできることの1つに食生活があります。
動物性脂肪を控えることです。
大切なポイントは「低タンパク・低脂肪」です。

 

他にもできるわきが対策としては、香辛料を控えることです。
香辛料は、発汗を促すので控えめにしましょう。

 

また、タバコやアルコールの摂りすぎも控えましょう。

 

最近は、日本人の食生活が欧米化してきましたが、昔ながらの和食を摂ることが、わきが対策にお勧めです。
wasyoku

 

野菜や魚介類中心の食事を摂るようにし、アルカリ性食品や食物繊維を多く含む食品を積極的に摂ることが、わきがの匂いや体臭を抑えることに期待できます。

 

和食中心で、食べ過ぎに注意をすることが、わきがの臭いを低減させる対策です。

 

それでも改善しないワキガの臭い改善には、ラポマインを使うと効果的です。

無添加で無臭なので敏感肌でも使える安心のデオドランド剤です。
女性だけでなく男性も使えます。
公式サイト→わきの臭いの予防に!!【ラポマイン】

ラポマイン

yu